読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@ゲー単走部

ローグライク雑記。変愚蛮怒、DCSSなど。

新年一発目の記事 DCSSの死霊術について

以前の記事でDEFE kikuをオススメしましたが、kiku様がデレたという強い前提の下で、検証プレイが完了しました。以下がそのダンプと今回のプレイのハイライトです(溜まり場にも貼りましたが)。

________

Deep Elf Fire Elementalist of Kikubaaqudgha

ダンプ → http://dobrazupa.org/morgue/radinms/morgue-radinms-20140104-105816.txt

ハイライト→ http://roguelike-games.com/rlg01/dat/r3732.png

________

 

この組み合わせの簡単な解説はそのうち復活するであろう石鍋wikiにも書くでしょうが、

とりあえずこのブログでも書いておきます。

 

FEスタートは、Vehumet信仰で純妖術に走るのが一般的なようですが、

デュアル向けのスタートでもあるといえると思います。

Conjure Flame, Sticky Flameによる持続ダメージコンボは近接殴りデュアルと非常に噛み合います。

そのうえConjure Flameは終盤まで常用するスペルであり、FEスタートに無駄はありません。

Sticky Flameは武器の殴りが強くなる中盤以降は私は不要だと思いますが、

「武器の決定をツモを見てから後出しじゃんけんしたいために、序盤に武器スキルを振らないプレイスタイル」

を採用する場合、序盤非常に輝きます。

ただしConjure Flame自体はWizardスタートでも確保できますし、それにWizardスタートは、Mephitic Cloudというチートスペルを初期搭載しています。 

 

したがって、やはりFEスタートの利点は、Inner Flameの存在一点に尽きるといえましょう。

そしてInner Flameと死霊術は大変相性がよろしい。

Freezing Cloudを確保するまでは、ゾンビ内炎で乗り切るのがFEkikuの基本戦術。

 

なのは間違いないのですが。

 

今回のプレイでは、坑道あたりでFreezing Cloudを確保できたので、Inner Flameはそこまで使いませんでした。つまりFEでスタートした意味が100%くらい無くなったわけで。

ツモがいいのは嬉しいやら、内炎の意味がなくなったのは反面悲しいやら複雑な気分でした。

Freezing Cloudの詠唱が安定してからは、ゾンビの大軍の後ろからFreezing Cloudを敵にぶっ放すだけで、大部分の敵を文字通り*完封*することができました。

高難易度分岐:森のボスEnchantressですら、*完封*してしまったのは、何かおかしいと思います。卑怯です。

 

ちなみに今回のプレイではFreezing Cloudは745回詠唱し、kikuの祈祷であるところの"summon corpse"は、279回使ったようです。

死体を「召喚」し、蘇生してゾンビの大軍をつくり、後ろから雲でサポートする、卑怯な戦法で、大体乗り切れたわけです。

 

死霊術が普通の召喚と違うのは、その卑劣さにあると考えています。

・普通の召喚魔法は召喚できるモンスターの数に限りがあるが、

死霊術によるskeletonやzombieは無限に作れること

・召喚は時間経過で消滅するため、常に大軍を侍らせることは難しいが、

死霊術によるskeletonやzombieは時間経過で消滅しないこと

・召喚モンスターは@の視界内しか攻撃できないが、

死霊術によるskeletonやzombieは@の視界外も攻撃できること

これらの事実により、召喚よりも非常に扱いやすく、しかも強力です。

 

ただし、こんなものは、本当の死霊術の卑劣さに比べれば、序の口でしかありませんでした。

 

Simulacrum(幻像)というスペルがあります。

まずkiku様から死体をもらいます。例えばドラゴンの死体が降って来たとしましょう。

ドラゴンの死体からスケルトンを生成し、例えば手元にドラゴンの死肉が5個くらい残ったとします。

ここでSimulacrumを唱えるじゃないですか。あれ、5体氷のドラゴンゾンビが???

1体の死体から5体???? うん???

しかも、こいつら、1体1体、HDに応じた氷の追加ダメージがあります。

非常に大きい。

 

 

・・・・数だけじゃなく、1体1体の強さもやべえ。質も量もヤバイ

どれだけヤバいかは、今回のハイライトの画像でも見てください。

 

・・・何で戦わずしてゴールデンドラゴンの氷ゾンビを8体も事前に用意できるんだ・・・?

・・・何かおかしくない?

 

死霊とか召喚の面白さって、やっぱり

・弱い敵を多数呼び出して、強敵をぼこる

・強い敵を少数呼び出して、強敵をぼこる

ことにあると思うんですよね。

 

強い敵を多数呼び出せるのは、何か間違っているような??

 

それとも変愚の魔獣使いのぱわーわいあーむ戦術と同じで、これが死霊の醍醐味なのだろうか?? よくわからない。

個人的には無印の触手召喚に匹敵するゲームぶっ壊しスペルで、自主封印すら考慮に入るスペルだと思ってるんですが、どうなんでしょうねぇ。